大学生が投資をするならS株・プチ株・ワン株から始めよう!株式投資の始め方とその手順を解説

S株やミニ株、ワン株という言葉を聞いたことはあるだろうか。これらは株式投資に新しく登場した単元未満株という仕組みであり、この仕組みを利用することで今まで株式投資を始めるのに必要だった額がグッと下がり少額からでも株式投資を始めやすくするシステムなのだ。

今回は初めて株式投資をする大学生を対象にこの単元未満株とは何なのか、また大学生にとってワン株やプチ株のような単元未満株のメリットやデメリットとは何かについても解説していく。

単元未満株とは何か

株式投資には単元株という言葉が存在する。この単元株は、株式によって異なるが多くの場合100株か1000株であり、普通は株式を購入したり売却したりする時にはこの100株単位、もしくは1000株単位で取引をしなければならないが、それでは資金が少ない個人投資家が参入しづらくなってしまう。

単元株とは、通常の株式取引で売買される売買単位のことです。単元は、ある一定のルールをクリアすれば企業が自由に決めることができるので、1単元の株数は銘柄によって異なりますが、1株、100株、1,000株が一般的です。

SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集より引用

例えば、⚫︎⚫︎⚫︎の1株あたりの値段を500円であるとしよう。⚫︎⚫︎⚫︎の単元株は100株なので普通なら500円×100株で少なくとも50000円は必要となってしまう。これでは大学生のようなあまり資金力のない人では手を出しにくい。

この障壁を取り除き、株式投資のハードルを下げるために作られた仕組みがS株、ワン株、プチ株と呼ばれる単元未満株である。この仕組みを活用することで1株から自分が気になる株式を購入できるので初期投資の費用はごく少額で抑えられる。

単元未満株のメリット

By: Dick Thomas Johnson

通常は100株単位でしか売買できない株式が、この新しい仕組みでは1株から売買できるようになるので、様々なメリットを受けることができる。このページでは単元未満株のメリットとデメリットの紹介、そして単元未満株を始める際におすすめする証券会社をいくつか掲載する。

  • 初期投資が少額で済む
  • 色々な株を保有できる
  • 株式投資を通してお金の流れを学べる

初期投資が少額で済む

大学生にとって5万円や10万円は大金である。通常の株式投資やFX投資であれば投資活動を行おうとする時に、まとまったお金が必要となるのでその場合大学生は投資を始めづらい。単元未満株が有利なのは1株あたりから株式を購入できる点であり、このことで初期費用を数百円〜数千円から始めることができるのだ。

色々な株を保有できる

100株や1000株単位だと金銭的な面からして、どうしても保有できる株の種類が限られてしまう。単元未満株の仕組みを利用して1種類の株式を保有するのではなく他ジャンルの株式をバランスよく保有していると、ある一つの業界の業績が悪化し、株価が下がってしまったとしても他の業界には影響しないため、分散投資によるリスク分散が期待できる。

分散投資(ぶんさんとうし、diversification)とは、投資金額を分散していくつかのものに投資する手法である。一つのものに投資するとなんらかの要因で投資対象の価値が下落した場合は投資資金がほとんどなくなってしまうので、そうしたリスクを軽減するために行われる投資手法である。

Wikipedia 分散投資より引用

株式投資を通してお金の流れを学べる

「ボクは投資っていうのは収入が少ないときには少ないなりに、多くなったら多いなりにやるものだと思ってる。そうやって常に自分のお金を相場に置いておくことで、経済のことを本気で勉強するし、知識や経験も増えていく。大きな資金ができてからいきなり投資をスタートすると、失敗したときのダメージも大きくなるでしょ!?」

芸能界最強の投資家ボビー・オロゴンが伝授!「世界4分割投資法」より引用

貿易商である父の元で育ち大学で経済学を修めたボビー・オロゴンは芸能人として活躍する傍らで、その経験を活かし株式投資を行っている。

多くの人は投資活動を「お金持ちの趣味」と考えているかもしれない。もしくはお金がある程度たまったら投資を始めようと考えているかもしれない。しかし、現実はそうではなく投資は若くても、少額でも早くから始めることが重要なのだ。

ではなぜ日本では投資=「お金持ちの趣味」とされ、ほとんどの人が投資活動を一切行わずに一生を終えてしまうのか。それは日本におけるマネー教育が影響しているのだ。欧米とは異なり、お金に関して日本では質素や節約が美徳とされ学校でも投資に関して勉強する機会がほとんどないので、ヨーロッパやアメリカと比較して一般家庭の株式保有率が低い。

単元未満株のデメリット

By: Tatsuo Yamashita

ここまでは単元未満株のメリットについて触れてきたが、ここからは反対に単元未満株のデメリットについて解説していく。

  • 取引に手数料がかかる
  • 取引が成り行き注文のみ

取引に手数料がかかる

株式の取引には手数料が発生する。これはS株やプチ株、ワン株でも同じであり1回の取引当たり50-100円前後の取引手数料がかかるので注意してほしい。取引手数料は証券会社ごとに異なるので後ほど手数料の比較解説をする。

株式を手に入れる買い注文の時も、株式を売却する時の売り注文の時も手数料はかかるので例えば以下のような場合、取引手数料によって収益がマイナスになってしまう。

  • ●●株式会社の株を500円×3株購入した。購入手数料は100円だった。
  • 1週間後●●株式会社の株価が520円に上昇したので、3株を売却した。売却手数料は100円だった。
  • 【購入】500円×3株=1500円
    【売却】520円×3株=1560円
    →60円のプラス?
  • 実際は手数料100円×2回=200円がかかるので
    →140円のマイナスとなる。

取引が成行注文のみ

成行注文(なりゆきちゅうもん)という言葉を耳にしたことはあるだろうか。株式の売買(注文)には指値注文成行注文の2種類があり、単元未満株制度で利用できるのはこの成行注文のみである。

成行注文とは、値段を指定しない注文方法です。「成行で1000株の買い注文」とか「成行で3000株の売り注文」といった使い方をします。

第70回 「指値注文」「成行注文」の意味と使い方 ~超初心者向けコラム第2回~「成行注文」とは何か?より引用

指値注文とは、買うもしくは売る値段を指定して注文する方法です。例えば「300円の指値で1,000株の買い注文」とか「500円の指値で2,000株の売り注文」といった使い方をします。

第70回 「指値注文」「成行注文」の意味と使い方 ~超初心者向けコラム第2回~「指値注文」とは何か?より引用

買う/売る値段を自分で指定できないので、通常の株式取引と比べると自分で考えなくて良い手軽な反面、売買のタイミングを見極める技術があまりつきにくいデメリットがある。

おすすめなのは、可処分所得があまりない大学生の間は株式投資に慣れるために単元未満株で株式投資を行い、社会人になりお金に余裕が出始めたら通常の株式投資を行うとよい。

もちろん大学生でもある程度まとまったお金のある人は最初から通常の株式投資をしてもよいが、単元未満株で肩慣らしをすると低リスクで投資の流れを勉強できるので単元未満株から始めることをおすすめする。

単元未満株を扱う証券会社の手数料比較

By: Dick Thomas Johnson

最後に単元未満株での株式投資を始める際に選ぶ証券会社の手数料を比較する。証券会社によって手数料が変わってくるので最初に選ぶ証券会社は重要である。

単元未満株を扱う証券会社は2016年時点で3社あり、どの証券会社でも無料で口座を開設することができる。証券会社ごとに単元未満株の呼び名は異なり、以下のようになっている。

  • S株:SBI証券
  • プチ株:カブドットコム証券
  • ワン株:マネックス証券

取引時に発生する手数料を比較した表を参考に証券会社を選んでもらいたい。

SBI証券のS株とマネックス証券のワン株が同じ手数料で最も安い手数料だということが分かる。プチ株を提供しているカブドットコム証券はどの金額でも手数料が高いため、大学生が最初に単元未満株を扱う証券会社を選ぶ時はSBI証券かマネックス証券をおすすめする。

S株 プチ株 ワン株
手数料 金額の0.5%(最低手数料 48円) 2万円まで100円、以降1万円増加毎に+67円 金額の0.5%(最低手数料 48円)
500円分の株を買う場合 48円 100円 48円
1000円分の株を買う場合 48円 100円 48円
10000円分の株を買う場合 50円 100円 50円
20000円分の株を買う場合 100円 100円 100円
30000円分の株を買う場合 150円 167円 150円
50000円分の株を買う場合 250円 301円 250円

なお、大学生におすすめの少額投資には単元未満株投資の他にもビットコイン投資があるので、手数料ゼロで投資を始めたい人は下記のページも見比べてもらいたい。

仮想通貨投資を始める人に朗報

仮想通貨はビットコインだけだと思っていないだろうか。現在は1枚あたりの値段が80万円を超えたビットコインだが、ほんの1年前までは5万円程度の通貨だった。1年で約20倍である。

しかしその価値が上昇したのはビットコインだけではない。今、表舞台ではビットコインだけに注目が集まっているが、その他の仮想通貨、イーサリアムやリップル、ネムなども勢いを増しており、実は大きく化ける可能性のある仮想通貨はビットコインよりもこうした通貨なのだ。

実際、ネムは1年前よりも現在の価格が100倍、リップルは110倍、イーサリアムにいたっては最安値の1000倍近くにもなっている。

そして現在こうしたビットコイン以外の通貨を多数購入できる日本の取引所はZaif(ザイフ)と呼ばれる専門サイトのみなので、ビットコインよりも急上昇する可能性の高いイーサリアムやネムを今のうちから手に入れておくなら、ここの取引所で今から通貨を手に入れておくのが吉だろう。もちろんビットコインの購入もできる。

ちなみに現在、イーサリアムは1枚あたり約50000円、ネムは1枚あたり約30円、リップルは1枚あたり約50円で購入が可能なので、価格が低いうちにある程度の枚数を保有しておくのがベストだ。私は昨年、まだネムが1枚あたり1円の時に5000枚を試しに購入したところ1年で30倍になり、購入後ただ寝かしていただけで50万円以上の利益を得たので、今後もその動向に期待している。

登録自体はすぐに終わり、無料ですぐ始められるので1000円や5000円などの少額からの投資でも可能だ。この機会にぜひ試してもらいたい。

スマートフォン/パソコンで下記のリンクから移動してメールアドレスを登録するだけで無料で始められる。

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイトに移動する