ビットコインの買い方・売り方について取引所ビットフライヤー(bitFlyer)を例に解説

このページでは初めてビットコインの取引・売買をする人向けにビットコインの買い方と売り方を解説する。

まだアカウントを開設していない人はまず下記のページで登録を済ませよう。iPhoneやアンドロイドなど、スマホがあればメールアドレスだけで5分かからずに無料登録が完了する。

ビットコインについてあまりよく知らない人はまずこの記事に目を通すのがよいだろう。

ビットコインとは?はじめての投資におすすめ暗号通貨Bitcoinの始め方

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイトに移動する

ビットコイン取引所と販売所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今回はビットコイン取引所大手で現在テレビCMでも目にするビットフライヤー(bitFlyer)を例に、写真付きで、

  • ビットコインの買い方
  • ビットコインの売り方
  • ビットコインの取引の仕方

について話していく。

最初に覚えておいてもらいたいのが、ビットコインの取引所では以下の2つの方法でビットコインを入手・売却することが可能な点だ。

  • ビットコイン販売所
  • ビットコイン取引所

ビットコイン販売所はユーザーと会社間でのやり取り、ビットコイン取引所はユーザー同士でのやり取りである。

ビットフライヤー(bitFlyer)の場合、ビットコイン販売所では手数料0円だが、ビットコイン取引所よりも買う時は少し高めに、売る時は少し安めに価格が設定されているので、最初は販売所で購入や売却を何度か行ってみて、慣れてきたら、手数料は若干かかるが販売所よりも断然お得な取引所を利用することをおすすめしたい¹。

※¹:ビットフライヤーでアカウントを開設すると、販売所と取引所のどちらも利用できる。

ビットコインの買い方

2018年4月追記:ハッキングや取引所の不安定さを考慮すると一番安心なのはbitFlyerです。

ここではビットフライヤーのアプリをダウンロードしていることを前提にビットコインの購入方法について解説していく。

まだアカウントを開設していない人は、ビットフライヤーのサイトで無料登録を行おう。メールアドレスだけですぐに登録が可能だ。

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイトに移動する

ビットフライヤーのアプリを立ち上げると、「ビットコイン」と書かれたアイコンが目に入る。まずはこのボタンを押してみよう。ここがビットコインを購入・売却できるビットコイン販売所である。

購入価格と売却価格に差があることに注目しておこう。このように販売所では購入額と売却額との間の差が大きいので、なんどもここで売買を繰り返すと損をしてしまうのだ。

実際にビットコインを購入するには画面中部にある、

  • +1
  • +0.1
  • +0.01

と書かれたボタンを押してから「コインを買う」ボタンを押すことで購入確認画面に移動する。なお、ボタンを押した段階では購入にはならないので安心してもらいたい。

「コインを買う」ボタンを押すと画面が上の画像のように切り替わる。ビットコイン販売所での最低取引単位は0.01枚からなので2017年5月時点では約2500円ほどかかる。

ここでは実際に「注文確定する」ボタンを押してビットコインを購入してみる。

すると先ほどの画面に戻り、ビットコインを購入することができた。画面上にはあなたが保有している日本円とビットコインの額が表示されている。

このようにスマホのアプリからでもビットフライヤーでは簡単にビットコインを購入することができた。次は反対にビットコインを売却する方法について解説していく。

ビットコインの売り方

次は保有しているビットコインの売り方について解説する。ビットコインの売却は購入した時とほとんど同じ操作で行うことができる。

購入時と同様に売却したいビットコインの量を決める。数秒ごとに売却価格が変化するので価格に注意しながら「売る」ボタンを押そう。

注文内容の確認画面が表示されるので「注文確定する」ボタンを押して注文を確定させる。注文実行ボタンを押すと、ビットコインを売却することができた。

ビットコインの取引方法

ここまではユーザーが取引所からビットコインを購入・売却する、「ビットコイン販売所」を見てきたが、ここからはユーザー間でのビットコインの取引方法について解説していく。

うまく取引を行えば上で紹介したビットコイン販売所からコインを購入・売却するよりも利益を上げやすいのがビットコイン取引所の特徴だ。

ビットコイン取引所はパソコンからスマホでも可能に!

ビットコイン取引所で他のユーザーとビットコインを売買するには2017年5月時点でパソコンからの接続が必要となる。ビットフライヤーのアプリからではビットコイン取引所のページは表示されないので注意してほしい。

※2017年5月追記:アプリからの取引所利用が可能に。

アプリのトップ画面に戻り、今度は「取引所」と書かれたアイコンをクリックするとビットコイン取引所に移動できる。

ここでは、ビットコインの買い注文と売り注文を行うことができる。このページの最初に紹介したビットコイン販売所との違いは主に以下の2点である。重要なのでぜひ覚えておいてほしい。

  • 自分で販売・購入価格を決められる
  • 購入・売却数量が0.01以下の単位でも可能

ビットコイン取引所では自分で価格を決められる

ビットコイン販売所では表示された金額でしかビットコインの購入・売却ができなかったが、ビットコイン取引所のページでは自分でビットコインの購入・売却価格を決められる。

ページ中央にある「最終取引価格」をみながら自分で価格を決定し、買い注文・売り注文をだすことになるのだが以下の2点に注意して取引をしてもらいたい。

  • 「最終取引価格」より安すぎる額で買い注文をしない

現在取引されている値動きの額と比べてあまりに安い金額で買い注文をしてもその取引は成立しない。

例えば現在の取引価格が200,000円前後で値動きしているところで150,000円の買い注文を出したとしても、その買い注文は成立しない。

なぜならビットコインを売却したい他のユーザーのなかで現在の平均価格が200,000円で売却できるにもかかわらずそれより50,000円も低い150,000円で売却する人はほぼいないからだ。

  • 「最終取引価格」より高すぎる額で売り注文をしない

先の例と反対に、現在の平均売買価格が200,000円のところであなたが250,000円の買い注文を入れてしまった場合、あなたは通常よりも高値でビットコインを購入することになってしまう。

この場合、他のユーザーから見たらあなたのミス注文はチャンスなのですぐに注文が成立してあなたは損をしてしまう。

この2つの点は売却時にも言えることで、注意すべきなのは購入・売却のどちらも、現在の「最終取引価格」をしっかりと見ることである。この2つのポイントを抑えておけばビットコイン販売所よりも安く購入・高く売却が可能になるので、ある程度ビットコインの知識を手にしたらビットコイン取引所での取引を増やしていきたい。

ビットコインの購入・売却数量が0.01以下の単位でも可能

ビットコイン販売所とビットコイン取引所の2つ目の違いは売却数量についてである。

ビットコイン販売所では最低の売却数量が0.01となっており、それ以下の単位では売買ができきないが、ビットコイン取引所であればそれ以下の単位0.001でも売買が可能である。

0.01BTCだと最低でも取引に2000~3000円ほどの資金が必要になるが、ビットコイン取引所の0.001単位であれば200~300円単位でのビットコインの売買が可能となる。

ビットコインの買い方・売り方・取引方法のまとめ

以上がビットフライヤー(bitFlyer)でのビットコイン販売所とビットコイン取引所の使い方である。

ビットコインを始めたばかりの時は、スマートフォンのアプリからビットコイン販売所でビットコインを実際に何回か売買してみることをおすすめする。そして、ある程度売買に慣れてきたらパソコンからビットフライヤーのページにアクセスしてビットコイン取引所でのユーザー同士の取引をおすすめする。

また、ビットコインは短期間での売買の繰り返しでお金を増やすことも可能だが、長期間保有することで将来的な値上がりも期待できるのでそちらもおすすめしたい。

ビットコインについての詳しい解説は次のページで解説している。

ビットコインとは?はじめての投資におすすめ暗号通貨Bitcoinの始め方

さらにビットコインに興味のある人は次の記事も読んでもらいたい。

暗号通貨ビットコイン投資は危ない?マウントゴックス事件を振り返る

仮想通貨投資を始める人に朗報

仮想通貨はビットコインだけだと思っていないだろうか。現在は1枚あたりの値段が80万円を超えたビットコインだが、ほんの1年前までは5万円程度の通貨だった。1年で約20倍である。

しかしその価値が上昇したのはビットコインだけではない。今、表舞台ではビットコインだけに注目が集まっているが、その他の仮想通貨、イーサリアムやリップル、ネムなども勢いを増しており、実は大きく化ける可能性のある仮想通貨はビットコインよりもこうした通貨なのだ。

実際、ネムは1年前よりも現在の価格が100倍、リップルは110倍、イーサリアムにいたっては最安値の1000倍近くにもなっている。

そして現在こうしたビットコイン以外の通貨を多数購入できる日本の取引所はZaif(ザイフ)と呼ばれる専門サイトのみなので、ビットコインよりも急上昇する可能性の高いイーサリアムやネムを今のうちから手に入れておくなら、ここの取引所で今から通貨を手に入れておくのが吉だろう。もちろんビットコインの購入もできる。

ちなみに現在、イーサリアムは1枚あたり約50000円、ネムは1枚あたり約30円、リップルは1枚あたり約50円で購入が可能なので、価格が低いうちにある程度の枚数を保有しておくのがベストだ。私は昨年、まだネムが1枚あたり1円の時に5000枚を試しに購入したところ1年で30倍になり、購入後ただ寝かしていただけで50万円以上の利益を得たので、今後もその動向に期待している。

登録自体はすぐに終わり、無料ですぐ始められるので1000円や5000円などの少額からの投資でも可能だ。この機会にぜひ試してもらいたい。

スマートフォン/パソコンで下記のリンクから移動してメールアドレスを登録するだけで無料で始められる。

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイトに移動する